弁護士のキャンパスとは?転職もキャンパスの1つなのですか?

将来弁護士として満足した生活を送るには、転職を視野に入れたキャンパスが必要条件。どんなキャリアを積み、どんな資格や仲間を作るかが含まれます。

弁護士という仕事

弁護士のキャンパスとは?転職もキャンパスの1つなのですか?

将来、弁護士として満足した生活を送るには、転職をも視野に入れたキャンパスが絶対的な必要条件です。

その解釈や築き方について考えましょう。

■キャリアパスとはロードマップのこと。

弁護士におけるキャリアパスとは、専門性や地位に就くために必要となるキャリア(業務実績・経験)やそれを取得するための順序、ルートのことです。

一言で表現すればキャリアアップの道筋・ロードマップといったところでしょうか。

たとえば弁護士としての専門性を身に付けるにはどのような案件を多く経験し、どの程度の期間を過ごせば良いのか、転職先としてはどんなところがふさわしいかを明確に割り出し描くことです。

■キャリアパスの築き方や解釈とは。

キャリアパスは弁護士事務所の諸先輩方からアドバイスをもらい、コツコツとそれを目標化・目的化していくことでも描き出せます。

一般的な法律事務所の場合は、5年~10年、目標とするキャリアを積んだら独立ということになります。

もちろん独立だけが弁護士の道ではありません。

事務所や雇われた民間の会社に残って、トップの地位を獲得する道もあり、そのためのキャンパスも必要です。

■どのようなキャンパスを構築・進行するにも、自分の相棒となる相手・仲間の存在が大事。1人では成し得ません。

キャンパスとは目標を達成するための手段・手順でありロードマップです。

ある時期は周囲を助け、仲間をリスペクトしながら自分の相棒となる相手を作り出していく努力も必要です。

そういう日常もそのための転職もキャリアパスのうちの1つ。

目標を立て、達成のためのスタートを切りましょう。


Copyright (C) www.banquedelinformation.com. All Rights Reserved.

弁護士という仕事