司法試験について

弁護士になる為の始めの一歩は、司法試験に合格することです。以前は合格するまで苦節数年という方も居ましたが、現在は受験回数の制限が出来ました。

弁護士という仕事

司法試験について

今後、弁護士になろうと志を高く持っている方は、まず大学卒業後に法科大学院に入学し卒業する必要があります。

大学院を卒業してやっと司法試験の受験資格を得ることが出来るのです。

司法試験は、民法・刑法・憲法の全ての科目で合格しなければならない国家資格の試験です。

弁護士だけで無く、検察官・裁判官になる事も可能な試験なので、この試験に合格することが法に携る仕事への第一歩といえます。

以前の司法試験は大変な難関と言われており、資格・年齢・性別に関係なく何度でも受験出来たので10年以上も挑戦し続けてるような方も居ました。

2005年より合格率のアップと若年齢化を目標に新しい司法試験が出来て、新旧並行して試験が実施されていましたが、2011年を最後に新司法試験へと完全移行しました。

新しい司法試験の大きな特徴は受験資格も請けたことです。

法科大学院を卒業を必須学歴とし、卒業後5年以内に3回以内の受験が可能という条件に変わったのです。

広く開いていた弁護士への道が狭まったようにも思えますが、旧司法試験に於いても合格者の大半は卒業後数年の方々でした。

受験資格をピンスポットに絞ったことで合格率が上がり、限りある期間にすることで集中力がアップしたのは新たな司法試験へ移行した要因といえます。

< 関連サイト・リンク >
平和憲法を活かそう府中市民連合

Copyright (C) www.banquedelinformation.com. All Rights Reserved.

弁護士という仕事